最新のニキビ治療について

思春期のニキビと大人のニキビの改善方法

思春期のニキビと大人のニキビの改善方法 : 最新のニキビ治療では使えるようになった薬が増えている : ニキビに悩んでいる人の為日本の医療制度も変えて欲しい

ニキビには二つの種類があります。
思春期によるニキビと大人のニキビです。
思春期に発生するニキビの主な原因はホルモンバランスによる過剰な皮脂の分泌にあります。
思春期にニキビができた経験のある人は多いのではないでしょうか。
対して大人ニキビの原因は実に複雑で、原因は一つ二つではなく様々な要因によって引き起こされているのです。
思春期でも大人でも発生原因は一緒で、その主な原因は毛穴に皮脂や古い角質が詰まって起こると言われています。
なぜ毛穴が詰まるのでしょうか。
人により原因は様々ですが、多くはホルモンバランスの乱れ・ターンオーバーの滞り・ストレス・化粧品によるダメージ・食生活の乱れ・便秘・睡眠不足など多岐にわたります。

東京アクネクリニック、ていうニキビ治療専門の皮膚科に行ってたんだけど、皮脂腺に直接通電して皮脂腺を破壊する治療、2回で充分効果あって全然ニキビできなくなって半年くらい最終の3回目受けるの忘れてた のを今日やっと行ってきた やっぱり麻酔しても涙滲むくらい痛いけどやって良かった🥺

— しちみ✌︎✌︎ (@YzstMer) 2020年1月7日
どんな原因から起こるニキビでも改善方法は一つだけ。
『毛穴を詰まらせないこと』これだけです。
最新のニキビ治療は少しずつではありますが進化をとげています。
昔に多く使用されてきたニキビ治療薬と言えば、ダラシンTゲル・硫黄カンフルローション・ミノマイシンなどの抗生物質等でした。
保険適応で皮膚科で処方される医薬品ですが、人によっては全く効果を感じない人も多く10年以上皮膚科に通い続けても完治しないという人までいます。
そもそも日本の皮膚科は世界からは大きく後れをとっていて、アメリカでは使える成分が日本では許可が得られず使用できないというのが実情です。