最新のニキビ治療について

皮膚科で受けられるニキビ治療

思春期のニキビと大人のニキビの改善方法 : 最新のニキビ治療では使えるようになった薬が増えている : ニキビに悩んでいる人の為日本の医療制度も変えて欲しい : 皮膚科で受けられるニキビ治療

当時十代で思春期だった私の顔にニキビができており、それが一つの悩みの種ともなっていました。そんな時に知人から、皮膚科でニキビ治療が受けられると聞いて早速皮膚科を受診することにしたのです。
皮膚科では医師による問診を受けましたが、私の場合それほど症状が酷くはなかったため、塗り薬が処方されたのを覚えています。この塗り薬を患部に塗布することで、ニキビの原因となる菌が増えるのを抑えると同時に、毛穴の詰まりを改善することもできると説明されました。当時はよく分かりませんでしたが、今振り返ってみると外用過酸化ベンゾイル製剤だったのではないかと思います。
医者の説明によると、このような塗り薬によるニキビ治療には保険が適用されるため、患者は三割負担で治療を受けることができ、当時自由に使えるお金がそれほどない私でも無理なく治療に臨めて感謝しています。実際に皮膚科を受診する前は、ニキビ治療と聞いて一体どんな治療なのかと心配していましたが、自分の場合は塗り薬によるニキビ治療で済んで本当に良かったと安心したことを思い出します。この方法の他にも、専用の器具を使って面皰を圧出する方法や、ケミカルピーリングと呼ばれる方法もあるようですが、それらの治療法が必要となるほど酷くなかったのは不幸中の幸いでした。